日々イノベーション

グルメ・スキー・車・バイク・旅・アウトドア・DIY

【旅】JR北海道6日間周遊パスの旅-4(摩周丸)

こんにちは。

引き続きJR北海道6日間周遊パスの旅-4(摩周丸)をお送りします。

今日は良い天気になりそうです。このホテル、海が正面なのでどうしても窓が塩で白くなってしまうのが残念です。頑張って携帯を落とさないように窓を開けてパシャ。

f:id:Legit_Innovation:20200831160720j:plain

ルートインはポンタカードが会員証の代りになっていますので、ポンタに朝のご挨拶。

f:id:Legit_Innovation:20200831160732j:plain

ドーミーイン程ではありませんが、何しろ半額位なのでかなり充実の朝ごはんだと思います。イカ刺しが無かったのは残念。

f:id:Legit_Innovation:20200831160734j:plain

f:id:Legit_Innovation:20200831160746j:plain

カツゲンは外せませんね。(^^♪

f:id:Legit_Innovation:20200831160740j:plain

充実の朝ごはんの後は荷物を預けて、車は置きっぱなしで徒歩にて摩周丸へ。途中函館駅に寄って午後に乗る特急の指定席券を発券しました。

f:id:Legit_Innovation:20200831161249j:plain

函館駅は綺麗になりましたね。私が周遊券で旅をしていた頃は、丁度この写真の右側に24時間の漫画喫茶があって、宿代を浮かすために札幌から夜行鈍行で函館に来て、折り返しの時間をつぶして、又夜行鈍行で戻るという今では考えられないことをしていました。

今回の切符の広告が出てました。本当にお得ですよね。

f:id:Legit_Innovation:20200831161300j:plain

 

f:id:Legit_Innovation:20200831161706j:plain

 摩周丸にやってきました。一番乗りです。(笑)

f:id:Legit_Innovation:20200831161749j:plain

f:id:Legit_Innovation:20200831161831j:plain

函館空港に着陸する飛行機ですね。

f:id:Legit_Innovation:20200831161847j:plain

その昔、周遊券で旅をしていた頃は、上野から青森まで夜行急行八甲田か十和田で12時間掛けて、更に青函連絡船で4時間、やっと函館上陸という感じでした。一度だけ車で東北道を走って青函連絡船で航送したことがありますが、通常のフェリーで車を載せる部分に貨車が載っているので、何と車は最上階までやぐらを自走して登って積載する方法でした。余りの高さにクラクラしたことを覚えています。

そして青函連絡船の最後を見届けるため青函連絡船で函館に入り、道内を回って帰りは開業2日目の青函トンネル北斗星で通って帰ってきたのでした。もう昔の話です。

さて、摩周丸は続きます。この一番上に車を載せます。

f:id:Legit_Innovation:20200831162213j:plain

歴代の制服

f:id:Legit_Innovation:20200831162306j:plain

操舵室です。

f:id:Legit_Innovation:20200831162318j:plain

舳先に来ました。

f:id:Legit_Innovation:20200831162333j:plain

いつもこのお座敷にしていました。乗船中は寝ていることが多かったです。

f:id:Legit_Innovation:20200831162342j:plain

グリーン座席です。特別料金を払ってこちらにするよりは雑魚寝の方が楽だと思います。

f:id:Legit_Innovation:20200831162406j:plain

最上階の車載デッキです。固定するアンカーも無いのですが、よくこんな簡素な設備で積載していたものだと今から考えると驚きです。

f:id:Legit_Innovation:20200831162359j:plain

来る前に健さん「海峡」を見てきたこともあり、本当に30年振り位に青函連絡船に再会して感慨もひとしおでした。久しぶりに船旅もしてみたいのですが、ステータス維持を考えると飛行機以外の選択肢は無さそうです。('◇')ゞ

光陰矢の如しとはよく言ったものですね。「-5」に続きます。

#グルメ

#ルートイングランディア函館駅

摩周丸

函館駅

青函連絡船