日々イノベーション

グルメ・スキー・車・バイク・旅・アウトドア・DIY

【ガジェット】充電式LEDワークライト

こんばんわ。

これまで車の整備に使っていたコンセントに刺す蛍光灯ワークライトが切れたので、充電式のLEDワークライトを購入しました。

最初は通販でよく見かける、有名製品の中華製コピー商品を物色しましたが、いずれも外れの確率が高いのと、過去中華製LEDは早々に切れるという経験もしているので、ちょっと購入を躊躇していました。

価格的にはホンモノは7,000円弱、中華製は3,000円弱といったところです。とりあえず近所のホーマックに見に行ったところ、何とホーマックオリジナルのコピー商品がありまして、価格は中華製よりちょっと高めの3,980円でしたが、外れは無いだろうという安心感があるため即購入しました。

この明るさ400ルーメンですが、直視すると眼をやられます。サブライトが2つあるのですが、それらも十分眼をやられますので、絶対に直視しないでください。

f:id:Legit_Innovation:20201108211435j:plain

防水や防滴とは謳っていませんが、取説を見る限りではある程度の水には耐えられそうです。

f:id:Legit_Innovation:20201108211440j:plain

もう完全にコピー商品ですよ。ホンモノと瓜二つです。(笑)

f:id:Legit_Innovation:20201108211455j:plain

バッテリーチェッカーと先端ライトです。

f:id:Legit_Innovation:20201108211501j:plain

このメインライトは開きとひねり(180°)ができます。

f:id:Legit_Innovation:20201108211508j:plain

底部にはフックと磁石がついています。この磁石は非常に強力で本体をきっちりと固定することが可能です。落ちる気配は全く無いです。ここが中華製コピー商品との大きな違いの一つです。(中華製は磁力が弱すぎるとのコメント多数)

f:id:Legit_Innovation:20201108211514j:plain

底部にはゴムグリップがついている引き込み式のクランプがありますので、例えばボンネットの端を挟んで使うことができます。(磁力でも全く問題ありませんが)

f:id:Legit_Innovation:20201108211518j:plain

メインライトの先端にも小型ライトがついています。

f:id:Legit_Innovation:20201108211525j:plain

メインライトの点灯状態です。無段階で明るさを変えることができます。最強にすると8畳の部屋で普通に生活できるレベルの明るさと光の広がりがあります。

これまで使用していた蛍光灯100Vライトとは雲泥の差です。時代は変わりましたね。

f:id:Legit_Innovation:20201108211528j:plain

赤灯としても使えますが点滅はしません。

f:id:Legit_Innovation:20201108211532j:plain

メインライト先端のライトです。これでも十分に明るいです。

f:id:Legit_Innovation:20201108211536j:plain

先端ライトです。これも相当に明るいデス。

f:id:Legit_Innovation:20201108211540j:plain

DCMオリジナルのLEDワークライトはこれ以外にも沢山種類がありました。通販でよく見かける中華製ライトと同様な形式のものですので、まずはホーマックで現物を見てから選んだ方が良いと思いました。

1点難点があるとすれば、USB type Cの充電コネクターは、ドコモのスマホ用充電器だと認識されず、付属のケーブルで接続しないと充電できなかったことです。充電電流が理由なのか、コネクターの接続が原因なのかは判りませんが、相性があるのは使いづらいですね。

減点はこれだけなので95/100点位でしょうか。オススメです。

#充電式LEDワークライト

#DCM

ホーマック