日々イノベーション

グルメ・スキー・車・旅・アウトドア・DIY

【スキー】ニセコに行って札幌で滑るBDFの旅 Day2

引き続き”【スキー】ニセコに行って札幌で滑るBDFの旅”をお送りします。

※BDFとはJAL公式SNS tricoメンバーが使う用語でBirthday Frightのことです。

前回の記事はこちら⇒

【スキー】ニセコに行って札幌で滑るBDFの旅 Day1 - 日々イノベーション (hatenablog.com)

この日は快晴なれど強風でした。朝宿でも風が強く、一旦花園に行きましたが花1すら運休。そこでヒラフへ。まずセンターフォーに行ったら運休。そして歩いてゴンドラに行ったら運休。又歩いてセンターフォー側の駐車場に戻り速攻で札幌へ。

マレーシアから来たというボーダーが気の毒でした。(+o+)

道中快晴。

ban-Kでも行くかなと思っていましたら、Fu'sで滑っているのが見えたので予定変更でFu'sへ。ここはリフト券2時間1,200円!と破格の安さなのです。残念ながら上部リフトは強風で運休でしたが十分楽しめました。(^^♪

向かい側に藻岩山の南ゲレンデが見えます。

この日のお客さんは自衛隊御一行様とスクールのお客さんで殆どでした。

基礎スキーの方々がSL板でご満悦のところ、ツアー板で「オラの滑りも見ろ」という感じで滑っていましたので、ちょっと嫌な人だったかもしれません。('◇')ゞ

DPSはこんな178cmの細身のツアー板でもガッツリ切れます。SLや基礎板で切れるのは当たり前です。こういう板でも切っていけるかどうかだと思います。

私が普段履きからバックカントリーまで使っているメインの板はこれです。DPSコアラ118の185cm。コブから羊蹄山まで何でも行けます。究極のスニーカー。超おススメです。メタルが入っているのでちょっと重いですが、お陰で圧雪されたゲレンデのハードバーンも大丈夫です。(^_-)-☆


 

私がゲレンデや春スキーなどで使っている板の後継機種はこれになります。物凄く軽いのですが見た目よりもかなり切れます。アイスバーン以外のピステでは基礎スキーと同等のキレを味わえますよ。長さはこの位(178cm)でコブ含めて全く問題ありません。ハイシーズンのディープパウダー以外はこれ1本で対応できますよ。


 

ビンディングは、どちらの板でもこれを使っています。山での着脱が楽なのとBCには珍しいフロントに開放値が設定できる安全な作り。唯一の難点はブレーキのブーツプレートが両面テープ留めで、外れやすいことです。私は強力両面テープ+隙間にアロンアルファ3000注入で固定しなおしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリッチ テクトン12 ブレーキ付き バックカントリー 金具
価格:72600円(税込、送料無料) (2022/12/15時点)

楽天で購入

 

勿論、クランポンは持っていた方が良いです。但し118の幅は無いので、万力にて根性で広げて使っています。(自己責任でお願いしますね:笑)


 

ブーツはこれ。サロモンのBC用トップモデルです。レース以外なら基礎系のお受験でも十分対応できます。先日のマイナス10度のニセコでも快適でした。


 

そしてストックはこれです。私のモデルは道内限定のストロベリーフィールドの名前がついていますが、モノとしては同じです。


 

宿に行く途中、ダイソーで買い出しもあったのでソシアの味の時計台へ。平日なのでランチメニューがお得です。

毎日相当酷使されていると思いますが、この中華製ネコ型配膳ロボットは頑張っています。('ω')

最近のラーメン屋は、やれ侍だの家系だのZ世代のうんちくが煩いだのありますが、私は基本的に老舗のお店だけに行くようにしています。その方が平和で美味しいです。(^_-)-☆

定宿にチェックイン。中島公園が綺麗です。

シャワーを浴びて乾杯クラシック!その後仕事を少しやって出動です。

この日は宿から近い炭やへ。やっとインバウンドが減って平和になりました。(^^♪

やっぱり炭や。安定のまいうーです。居心地良いです。(^^)/