日々イノベーション

グルメ・スキー・車・バイク・旅・アウトドア・DIY

レーザー対応レーダー探知機 セルスター AR-46LA

こんにちは。

 

Legit Innovationは、ずっとレーダー探知機はセルスターを愛用しており、もう何台も使っています。一度他メーカーに浮気した時に、ネズミ捕りを上手く探知出来ずに青切符を頂いたことがあり、それ以降絶対にセルスターしか信用しないようにしています。

 

これまではレーザー非対応のものにレーザー探知機AL-01を接続して使っていました。既に対応するASSURAシリーズをお使いの方は、これを追加するだけでレーザー対応になりますので、これ自体オススメです。勿論、性能的には全く問題ありませんが、Legit Innovationは時々レンタカーを使うという点で課題がありました。

www.amazon.co.jp

f:id:Legit_Innovation:20200706095342j:plain

いつもレンタカーを借りる時は面倒なので本体のみ持ち出して使っていましたが、レーザーネズミ捕りの現場に遭遇しました。その時は無事だったのですが、この経験からレンタカーでもレーザー対応の必要性を感じまして、一体型に買い替えしました。

www.amazon.co.jp

この製品を選択した理由は幾つかあります。レーザー対応一体型の比較はセルスターのHPで可能です。

CellstarのHP:https://www.cellstar.co.jp/products/gps/#ar-unify

①既にMy cellstarの登録をしている

②NEW 製品である

③2020年版の地図が入っている唯一の機種(AR-W86LAは2019年版地図)

④レーダー受信回路が唯一最新のLow-IF image rejection architectureである

特に③、④の違いは大きいですので、無線LANによる自動アップデートをしないのであればこの製品が最もオススメとなります。

これならレンタカーを借りる時も簡単に使えますので、いつでも安心です。

f:id:Legit_Innovation:20200706101003j:plain

f:id:Legit_Innovation:20200706101007j:plain

f:id:Legit_Innovation:20200706101010j:plain


セルスターの良いところは取り締まりポイントなどのアップデートが無料だということもあります。内蔵地図はゼンリンですから文句無です。地図のアップデートは年1回位されるそうですが、こちらは残念ながら有料だそうです。

Legit Innovationの愛車はNV200 4WD バンという珍しい車種で、タコメーターなどがありません。冬に使うことも多いので、タコメーターと水温計、電圧計は必須です。このセルスターのASSURAシリーズは待ち受け画面のカスタマイズが可能で、OBD-2という車載コンピュータとの連動が可能になっていますので、これを活用して待ち受け画面でタコメーター、水温計、電圧計を表示しています。

もはやレーダー式の取り締まりは時代遅れで、レーザー式が急速に普及していますのでレーザー対応は必須だと思います。

特に昨今関西では普及が著しいですし、北海道や東北なども危ないと思います。移動制限が解除されたこの時期が警察にとっては描き入れ時ですので、コロナ同様に自己防衛しましょう。

オススメです。

では又。

 

Amazon

#Prime

#レーザー対応

レーダー探知機

#セルスター

#ASSURA

#AR-46LC

#Low-IF image rejection architecture