日々イノベーション

グルメ・スキー・車・バイク・旅・アウトドア・DIY

年末年始グランドツアー Day5

※昨年のお話。

 

Day5 12/24

 

今日はお手頃パウダーを味わうため、知る人ぞ知る幌加内町のほろたちスキー場に

行きました。

 

          

今日も充実の朝ごはん

         

市内でもガン降りです

         

リアワイパーが岩石になるのは日常茶飯事です。

コツはなるだけウォッシャーを使わないことと、

リアデフォッガーをマメに入れて溶かすことです。

途中の江丹別峠は時々最低気温を叩き出すところで、かなり厳しい峠道です。雪道に

不慣れなレンタカーさんは絶対に止めた方が良い道。

意外にNV200はエクスと遜色無い走りで、三菱のエクリプスをちぎってしまいました。

相手は「所詮道外ナンバーのバンだろ?」と思ったでしょうが甘いです。

雪道は車の性能よりはタイヤと慣れです。(ほろたちで隣に止まったのはお笑いでした)

 

さて、ほろたちですが、通常、地元のレーシングチームがやりたいようにバーンを占拠

してポールを張ります。それ以外の客層はパウダー食いの人々だけです。

何と斜度は44度という最高のぱうが毎日楽しめますが、今年は雪不足でメインの

ほろたちコース(Cコース)は滑走禁止。。。。止む無く密林地帯を滑ったりしましたが、

直ぐにノートラは無くなり、早々に2時間未満で終了です。

まあ、4時間券が1,600円と格安なので文句はないデス。

         

何と食堂の券売機でリフト券を売ってます

 

           

以前はベクターのバターナイフでしたが、

DPSに変えてから楽で楽で(笑)

         

密林地帯(素人さんは入らないように:笑)

         

コース内で膝ぱうですよ!

         

これ以外は迂回コースがあるだけなんですが、

雪と斜度が最高なんですよ

 

早々に大満足で終了したので、早速、今日のもう一つの目的、幌加内蕎麦です。

今日は「あじよし食堂」に行きました。よそ者には若干ハードルが高い客層ですが、

女将さんはメガネっ子美人でよそ者にも優しいです。

         

何と雪の壁が無いです。

            

            

このコップ最高!

         

天盛り大盛まいうーです

手打ちで香が良いです

             

お茶は勿論蕎麦茶

            

昭和の風景です

さて、蕎麦を堪能してホテルに戻り、ホテルの温泉に入ってクラシック。その後は

学科の勉強と仕事をして、今日の最後の目的、炭屋発祥の地、旭川の炭屋です。

馬場ホルという選択肢もありましたが、流石にホルモンと玉ねぎだけは辛いので、

炭屋にしました。街は超寒かったのでイブですが人出は少なかったです。

            

        
             
             
         
          
         

札幌でも炭屋ですし、もはや炭屋中毒です!(笑)

明日は今回の最大のイベントを予定していたのですが、ああ無常でした。

では又。